ウィスタートとは

「なぜ京女生だけにこだわるのか?」

それは「京女生にとって必要な指導を提供している塾が少ないから」です。京女生の場合、将来的に超難関大学(東大・京大・医歯薬など)を目指すのでなければ、高校2年生までは進学塾や予備校のカリキュラムなどは必要なく、学校の授業の確実な理解・定期テストでの成績の確保を最優先すべきです。なぜなら予備校等のカリキュラムと京女独自の授業カリキュラムや莫大な量の学校課題を両立させることはかなり厳しく、成績を確保できず結果的に受験に必要な基礎学力が欠如してしまうからです。特に内部進学や指定校推薦での進学を考えている方は学校の成績だけで進路が決まってしまいます。しかし、この「学校の成績確保を最優先する」という京女生のニーズに的確に応えることが出来る塾はあるのでしょうか?集団指導は言うに及ばず、個別指導の塾といえども、地元の小中学生や、様々な学校の高校生たちが混在する環境下では、京女生にとって本当に必要な指導内容だけを必要なレベルで提供することは出来ていないと思います。要するに京都女子中学・高校の授業カリキュラムを把握し、使用している学校教材に完全対応している塾は少ないということです。

もちろん、大手の塾・予備校でも、一般の個別指導塾でも、成績が十分に伸びている方はおられます。それは喜ばしいことであり、すばらしいことだと思います。申し上げたいのは、これまでの指導の経験から『塾に通っているにも関わらず、本当に必要な指導を受けられずに思うような結果の出ない生徒さん』が京女生の中に非常に多く見受けられるということです。

京女塾ウィスタートは京女生だけを対象にすることにより、京女のカリキュラム・指導方針・年間行事までを徹底的に把握し、対応することを可能にしました。将来の進路に向けて京女生が本来備えているポテンシャル(潜在能力)を120%引き出していきたいと考えています。

「指導の上で何を重視するのか?」

それはズバリ『学習時間の確保』です。学校の授業内容を理解し、定着させ、さらに大学レベルにまで進展させるには、早い段階からの学習時間が絶対に必要です。このように申し上げると「何をいまさら」と思われる方が多いと思います。その通りです。「家庭学習が重要だ」「復習のための時間を確保しなさい」学校の先生だけでなく、塾からも言われることがあると思います。成績を伸ばすためには家庭学習が必要であることは十人が十人、みんなわかっているのです。生徒さんも、やらなければならないのは十分理解しているのです。しかし現状は「やる人」「やらない人」に分かれてしまいます。「やる人」はどこで学んでも成果を出すことは出来るでしょう。では「やらない人」にはどうしてあげればいいのでしょうか?答えは簡単です。「やっておくように」と指示したり、課題を出して終るのではなく、実際に『その場でやってもらう』のです。やる場を提供することにより「やる人」になってもらうのです。私たち「京女塾ウィスタート」は、学習カリキュラムを作成し、やり方を指導したり、わからないところをわかるように指導したりは当然行います。しかし何より重視しているのは『毎日でも来ることができ、来たらここで学習時間も確保してもらうこと』です。

従来の行って教わるだけの「塾・予備校」というものよりも、ここで講師やスタッフと一緒に学び方から教えてもらう、学校・家庭以外の『第3の学習空間』といったイメージが合っているのかもしれません。

このように内容の濃い指導を目指していますので、あまり多くの生徒さんをお預かりすることはできません。本当に申し訳ございませんが定員25名程度とさせて頂いております。私どもの目指します指導の方針・内容をご理解いただき、ご了解いただけますようお願いいたします。

京女塾ウィスタート

代表 中田 誠一